×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロフィル

関川鶴祐 Kakuyu Sekigawa
薩摩琵琶・生田流筝曲

1956年 大阪生まれ、鶴田錦史に師事。
1974年 四国八十八ケ所踏破。
1979年 NHK邦楽オーデション合格。
1985年 第22回日本琵琶楽コンクール第一位入賞。 文部大臣奨励賞、NHK会長賞等受賞。
1987年 メルボルン交響楽団(岩城宏之指揮)招聘による鶴田錦史オーストリア公演に随行。
メルボルン、モナッシュ両大学における鶴田錦史、武満徹のレクチャーに参加、敦盛を演奏。
1988年 NHK邦楽技能者育成会第33期終了。
1991年 日本青年会議所が傑出した10人の若者に贈る、第五回日本TOYP(The Outstanding Young Person)大賞に選ばれ、優秀賞を受賞。
1993年 臨済宗建長寺僧堂(専門道場)に掛塔。3年の坐禅修行に赴く。
2000年 清水寺三十三年に一度の開帳記念演奏。
2006年 音の旅ーBIWAー「創才の世紀」を企画。
持続可能な未来への提言「日本オアシス構想」を提唱、各地でコンサートを開催。
2008年 第12回ムーンライト in 藤原京にてオープニング記念演奏。
2011年
第一回平城京天平祭、東日本大震災 −祈りのメッセージ−
として「遣唐使」を演奏
2012年
第二回平城京天平祭、東日本大震災 −祈りのメッセージ−
として「勧進帳」を演奏
10月西大寺愛染堂にて興正菩薩「叡尊」 作詞・作曲、初演

*日本の精神文化の礎と位置付けた「鑑真」「聖徳太子」「聖武天皇」の創作を志している。
  現在、奈良在住。